内臓脂肪型肥満、高脂血症状(高コレステロール、高中性脂肪)⇒メタボリックシンドローム⇒動脈硬化⇒心筋梗塞、脳梗塞、狭心症など命にかかわる病気に! 自覚症状がほとんどないので、定期的な健康診断でのチェックが重要です。 メタボリックシンドローム対策⇒ダイエットが近道ですかね。しかし、無理なダイエットはかえって健康を害するので禁物!

メタボリックシンドロームとダイエット(産後も) > ダイエット なぜ成功しないの?

ダイエット なぜ成功しないの?

ダイエットをしようとすると・・・別の自分が反対する!?



意識はダイエットしようとしても、潜在意識は現状の体重を維持しようとする。


人には、みな潜在意識あり、潜在意識は現状を維持しようとするのだそうです。

これは、ダイエットに限らず、潜在意識は自分を守るため現状を維持しようとするのだそうです。

それは、自分の中に 健康管理の自分や経済担当の自分、人間関係の自分、精神担当の自分等がいて、急に一人だけ抜きでたり、落ち込んだりしてもその一人を急に、落ち込ませずみんな協力しで現状に戻そうとするのだそうです。

これでは、ダイエットなんてうまくいかないのでは・・・なんて思いましたか?

しかし、方法はあります。 車が走り出すときに、大きなエネルギーが必要なのといっしょで、急激に痩せようとすると、現状を維持しようと反対の大きな力が働きます。

それが、「リバウンド」
になるそうです。。。



つまりダイエットも、急激にではなく・・・はじめはゆっくりと、ゆっくりと少しずつ始める・・・のが成功させるこつです。 



 車も同じですが、一度走り出せば今度は止まるのに

         
大きなエネルギーが必要となりますよね!

ダイエットも、ゆっくりはじめてペースをつかんでしまえば、今度はやめるのが、難しくなります。

潜在意識が、現状を維持しようとするのですから・・・




無理せずゆっくりゆっくり始めるのがコツですよ。。。(^.^)

なぜ? 太る?

摂取エネルギーとは、食事により体の中にとり入れたエネルギーのことです。 消費エネルギーとは、使うエネルギーのことです。


摂取エネルギーが、消費エネルギーを上回れば、太る



摂取エネルギー > 消費エネルギー  ⇒  太る



摂取エネルギーが、消費エネルギーを下回れば、痩せる



摂取エネルギー < 消費エネルギー  ⇒  痩せる



確かにそう思われがちですが・・・そう単純でもないようです。



痩せる&ダイエットと考えると、食事を制限して摂取エネルギーを減らすという方向に走りがちですが・・・

摂取エネルギーを減らすと、それとともに体の基礎代謝も小さくなってしまいます。



「基礎代謝」とは、安静時でも消費されるエネルギーのことです。



体にエネルギーが入って来なくなると、危険を感じて少ないエネルギーで

生きていけるような体になってしまうんですねー



摂取エネルギーを減らすと、一時的に体重は落ちるかもしれませんが、

最終的には、痩せにくい体になってしまいます。