内臓脂肪型肥満、高脂血症状(高コレステロール、高中性脂肪)⇒メタボリックシンドローム⇒動脈硬化⇒心筋梗塞、脳梗塞、狭心症など命にかかわる病気に! 自覚症状がほとんどないので、定期的な健康診断でのチェックが重要です。 メタボリックシンドローム対策⇒ダイエットが近道ですかね。しかし、無理なダイエットはかえって健康を害するので禁物!

メタボリックシンドロームとダイエット(産後も) > メタボリックシンドロームをご存知ですか?

メタボリックシンドロームをご存知ですか?

メタボリックシンドロームって?

このホームページでは、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)とは、なにか?を簡単に説明しています。

肥満症や高血圧、高脂血症、糖尿病などの生活習慣病は、それぞれ個々の原因で発症するというよりも、肥満、特に内臓に脂肪が蓄積した肥満(内臓脂肪型肥満)が原因であることがわかってきました。
最近は過食、運動不足によって内臓脂肪が蓄積し、生活習慣病になる人が増えています。
高血圧症、高脂血症、糖尿病のそれぞれは、たとえ軽症であっても複数合併しているとさらに大きな病気を引き起こす可能性があります。

内臓脂肪型肥満によって、こうしたリスクが重なりさまざまな病気が引き起こされやすくなった状態を
「メタボリック・シンドローム(Metabolic Syndrome)」
と呼び治療の対象として考えられるようになっています。

自分は大丈夫と思っている「あなた」・・・まずは、診断基準を見てみて下さいね(^.^)