内臓脂肪型肥満、高脂血症状(高コレステロール、高中性脂肪)⇒メタボリックシンドローム⇒動脈硬化⇒心筋梗塞、脳梗塞、狭心症など命にかかわる病気に! 自覚症状がほとんどないので、定期的な健康診断でのチェックが重要です。 メタボリックシンドローム対策⇒ダイエットが近道ですかね。しかし、無理なダイエットはかえって健康を害するので禁物!

メタボリックシンドロームとダイエット(産後も) > あなたは大丈夫?メタボリックシンドローム診断基準

あなたは大丈夫?メタボリックシンドローム診断基準

メタボリックシンドローム診断基準

2005年4月に開催された第102回日本内科学会総会において、公表されたメタボリックシンドロームの診断基準を紹介します。

あなたもぜひチェックしてみて下さい。

m_kijyun.jpg

●診断基準●
◆内臓脂肪の蓄積(必須条件) 
具体的には、内臓脂肪の蓄積はウエスト径(へそまわり)で判定し、男性85cm以上、女性90cm以上を基準値としています。(この数字は、腹部CT画像で精密に内臓脂肪を測定した場合、断面積100平方センチメートルに相当します)
ウエスト径の正しい測り方はへそまわりを測ることです。腰の一番細いところではないので、気をつけて下さい。

◆内臓脂肪の蓄積+以下のうち2項目以上あてはまれば・・・
々盪薹貍秒羸脂肪が150以上、または善玉コレステロールと呼ばれるHDLが40未満(血清脂質異常:トリグリセリド値150mg/dL以上、またはHDLコレステロール値40mg/dL未満)
高血圧血圧高値:最高血圧130mmHg以上、または最低血圧85mmHg以上
9盞貪血糖値が空腹時で110mg/dL以上

内臓脂肪の蓄積に加えて、高脂血症、高血圧、高血糖のうち2つ以上が当てはまるなら、メタボリックシンドロームと診断されるのです。

簡易な自己診断。。。

メタボリックシンドロームかどうかの正確な診断は医療機関で検査してもらう必要がありますが、メタボリックシンドロームの原因となる内臓脂肪の量については、次の方法で簡易的にチェックすることができます。

◆普通にしている時とお腹を思い切りへこませた時のウェストサイズを測り、その差が男性なら普通にしているときのサイズの10%未満、女性なら8%未満の場合、内臓脂肪が蓄積されている可能性が高いといえます(※あくまでも目安です)

◆仰向けに寝たとき、おへその部分がポッコリ出ているようなら、内臓脂肪の量が多い恐れがあります 。

これらのチェックの結果、内臓脂肪がたまっていると思われる場合は、医療機関でメタボリックシンドロームかどうかの正式な診断を受けられることをおすすめします。