内臓脂肪型肥満、高脂血症状(高コレステロール、高中性脂肪)⇒メタボリックシンドローム⇒動脈硬化⇒心筋梗塞、脳梗塞、狭心症など命にかかわる病気に! 自覚症状がほとんどないので、定期的な健康診断でのチェックが重要です。 メタボリックシンドローム対策⇒ダイエットが近道ですかね。しかし、無理なダイエットはかえって健康を害するので禁物!

メタボリックシンドロームとダイエット(産後も) > あなたは大丈夫?メタボリックシンドローム診断基準 > メタボリックシンドローム診断基準

あなたは大丈夫?メタボリックシンドローム診断基準

メタボリックシンドローム診断基準

2005年4月に開催された第102回日本内科学会総会において、公表されたメタボリックシンドロームの診断基準を紹介します。

あなたもぜひチェックしてみて下さい。

m_kijyun.jpg

●診断基準●
◆内臓脂肪の蓄積(必須条件) 
具体的には、内臓脂肪の蓄積はウエスト径(へそまわり)で判定し、男性85cm以上、女性90cm以上を基準値としています。(この数字は、腹部CT画像で精密に内臓脂肪を測定した場合、断面積100平方センチメートルに相当します)
ウエスト径の正しい測り方はへそまわりを測ることです。腰の一番細いところではないので、気をつけて下さい。

◆内臓脂肪の蓄積+以下のうち2項目以上あてはまれば・・・
々盪薹貍秒羸脂肪が150以上、または善玉コレステロールと呼ばれるHDLが40未満(血清脂質異常:トリグリセリド値150mg/dL以上、またはHDLコレステロール値40mg/dL未満)
高血圧血圧高値:最高血圧130mmHg以上、または最低血圧85mmHg以上
9盞貪血糖値が空腹時で110mg/dL以上

内臓脂肪の蓄積に加えて、高脂血症、高血圧、高血糖のうち2つ以上が当てはまるなら、メタボリックシンドロームと診断されるのです。