内臓脂肪型肥満、高脂血症状(高コレステロール、高中性脂肪)⇒メタボリックシンドローム⇒動脈硬化⇒心筋梗塞、脳梗塞、狭心症など命にかかわる病気に! 自覚症状がほとんどないので、定期的な健康診断でのチェックが重要です。 メタボリックシンドローム対策⇒ダイエットが近道ですかね。しかし、無理なダイエットはかえって健康を害するので禁物!

メタボリックシンドロームとダイエット(産後も) > コレステロールの値と高くなる原因 > 血中コレステロール値が健康の鍵!

コレステロールの値と高くなる原因

血中コレステロール値が健康の鍵!

単にコレステロール値の高い低いだけではなく、その内訳をチェックすることが重要



人間の体に必要なコレステロールも多すぎれば、生活習慣病のもととなります。

しかしコレステロールが体内にたまっても、初期症状や自覚症状が現れるわけではありません。

そのため「気がついたときには手遅れ」ということも少なくないのです。

単にコレステロール値の高い低いだけではなく、、内訳をチェックすることが重要なのです。

血液検査の項目に〈総コレステロール値〉と並んで〈HDL-コレステロール値〉が示されているのはそのためです。



日ごろから、健康診断の結果等に注意して、病状の進行を防ぎましょう!

あたり前ですが、自己管理が大事ですね! 健康診断の結果に注意して、病状の進行を防ぎたいですね。