内臓脂肪型肥満、高脂血症状(高コレステロール、高中性脂肪)⇒メタボリックシンドローム⇒動脈硬化⇒心筋梗塞、脳梗塞、狭心症など命にかかわる病気に! 自覚症状がほとんどないので、定期的な健康診断でのチェックが重要です。 メタボリックシンドローム対策⇒ダイエットが近道ですかね。しかし、無理なダイエットはかえって健康を害するので禁物!

メタボリックシンドロームとダイエット(産後も) > コレステロールの値と高くなる原因 > 運動不足&ストレス

コレステロールの値と高くなる原因

運動不足&ストレス

エネルギーをうまく消費ないと、中性脂肪をためこんでしまうことになりますよ!



中性脂肪が多くなってくると、それが引き金でコレステロール値上昇につながる場合があります。

適度な運動をすると、脂肪の分解が活発となるので、HDL(善玉)コレステロールを増やすことが可能になります。



急に運動を始めるのではなく、体のためにもゆっくりはじめましょう。

急に始めようとすると、どうしても大きなエネルギーを必要とします。

精神的にも、体にも負担がかかります。 その結果、続かなくなります。

ゆっくりと、まずは出来るところから「一駅分歩いてみるとか・・・」 はじめましょう。



また、仕事等のイライラ、ストレスも、コレステロールの増加につながります。

また、喫煙にはHDL(善玉)コレステロールを減少させる働きがあるので、「仕事でイライラして、つい吸いすぎた」なんてことは特に注意しましょう!