内臓脂肪型肥満、高脂血症状(高コレステロール、高中性脂肪)⇒メタボリックシンドローム⇒動脈硬化⇒心筋梗塞、脳梗塞、狭心症など命にかかわる病気に! 自覚症状がほとんどないので、定期的な健康診断でのチェックが重要です。 メタボリックシンドローム対策⇒ダイエットが近道ですかね。しかし、無理なダイエットはかえって健康を害するので禁物!

メタボリックシンドロームとダイエット(産後も) > コレステロールの値と高くなる原因 > 遺伝や体質・他の病気が原因(私はこの要因が・・・)

コレステロールの値と高くなる原因

遺伝や体質・他の病気が原因(私はこの要因が・・・)

遺伝や病気などのにより、コレステロールが高い場合あります。



家族(血縁)の中に、コレステロールが高い(高脂血症)の人がいる場合は要注意です。



私の場合は、親がコレステロールが高いというのは、前から聞いていました。

20歳の頃でコレステロールが基準ギリギリだなーという感じでした。 運動も、週5日くらいスポーツジムに通ったり、野球、テニスをしていました。 しかし、年齢を重ねるごとに運動量も減り、健康診断でも、「コレステロール少し高いねー、食べ物気をつけて!運動して」とは言われていました。 その直後は、気をつけるものの10日もすると忘れていました・・・ 現在は、すっかり要注意です。

動脈硬化も若干進んでいますと言われています。

何度も、医者に確認しましたが、もう元には戻らないそうです。進行を遅くさせるしかない。とのことでした。



 今は目に見えるような症状がなくても、日々の食習慣・生活習慣をもう一度見直してみてくださいね。

また、糖尿病・甲状腺機能低下症・肝臓病・腎臓病・痛風などが原因でコレステロールの値が高くなる場合もあります。こちらの場合は、病気の治療が優先ですね。 きちんと、健康診断の結果等をよくチェックしておくことが大事です。