内臓脂肪型肥満、高脂血症状(高コレステロール、高中性脂肪)⇒メタボリックシンドローム⇒動脈硬化⇒心筋梗塞、脳梗塞、狭心症など命にかかわる病気に! 自覚症状がほとんどないので、定期的な健康診断でのチェックが重要です。 メタボリックシンドローム対策⇒ダイエットが近道ですかね。しかし、無理なダイエットはかえって健康を害するので禁物!

メタボリックシンドロームとダイエット(産後も) > 肥満と体脂肪 > 肥満 は 生活習慣病 のキーワード

肥満と体脂肪

肥満 は 生活習慣病 のキーワード

中高年者に、問題となる「生活習慣病」は、肥満の人ほど、多く発生しています。



肥満は、生活習慣病と大きな関わりを持っています。



体脂肪はヒトの体にとって不可欠なもの。



しかし、体にたくさんたまってしまえば、生活習慣病など、悪い影響を及ぼすことも事実です。



一般に、体脂肪が過剰に蓄積された状態を「肥満」と呼び、



さらに過剰になると「肥満症」という立派な病気になります。



体脂肪がどうやって蓄積されていくのか・・・

また減らすにはどのようにすればよいのか・・・を知って、毎日の健康管理に役立てましょう!