内臓脂肪型肥満、高脂血症状(高コレステロール、高中性脂肪)⇒メタボリックシンドローム⇒動脈硬化⇒心筋梗塞、脳梗塞、狭心症など命にかかわる病気に! 自覚症状がほとんどないので、定期的な健康診断でのチェックが重要です。 メタボリックシンドローム対策⇒ダイエットが近道ですかね。しかし、無理なダイエットはかえって健康を害するので禁物!

メタボリックシンドロームとダイエット(産後も) > 中性脂肪 > 中性脂肪が体内にとり込まれるしくみ

中性脂肪

中性脂肪が体内にとり込まれるしくみ

食事でとった中性脂肪は、どのように体の中にとりこまれるのかというと・・・



食事でとった中性脂肪は、口の中や小腸でいったん消化、分解されて小腸壁をくぐり、再び中性脂肪となります。



中性脂肪は、遊離脂肪酸という物質に分解されて血液中に放出され、全身に運ばれて体内の各部分の細胞が正しく活動するためのエネルギーになるのです。



余った脂肪は・・・中性脂肪となってしまうのです。

皮下脂肪はほとんどが中性脂肪でできています!



血液中にも余りすぎると動脈硬化などの恐ろしい病気になってしまうのです。 

必要以上に食べた分は、知らない内に中性脂肪に変身しているのです。



また、食べ物でとる以外に、中性脂肪は体内(肝臓など)でもつくられています。