内臓脂肪型肥満、高脂血症状(高コレステロール、高中性脂肪)⇒メタボリックシンドローム⇒動脈硬化⇒心筋梗塞、脳梗塞、狭心症など命にかかわる病気に! 自覚症状がほとんどないので、定期的な健康診断でのチェックが重要です。 メタボリックシンドローム対策⇒ダイエットが近道ですかね。しかし、無理なダイエットはかえって健康を害するので禁物!

メタボリックシンドロームとダイエット(産後も) > 高血圧 > 高血圧に関わる病気

高血圧

高血圧に関わる病気

高血圧の状態が続くと、命に関わることが・・・


心臓肥大



心臓は過重労働に対応しようと心筋をふやし、大きくなります。


高血圧にコレステロールが加わり ⇒ 動脈硬化



血管(主に動脈)は、高い圧に負けまいとして壁を厚くします。

高い圧力によって血液の成分が動脈の内壁に入りこんで、

それにコレステロールが加わるなどして動脈硬化を起こしてます。


動脈硬化から・・・



動脈硬化は全身に起こり、血液の流れを悪くしますが、とくに多くの血液を必要とする臓器である脳や心臓等に、害が及びます。


虚血性心臓病(狭心症や心筋梗塞)



 心臓の筋肉に酸素と栄養を運ぶのは冠動脈(冠状動脈)と呼ばれる血管です。

 これが硬くなると血液の流れが滞り、そこに血のかたまりができやすくなります。

 こうして血管が詰まって心筋が血液不足になるのが狭心症や心筋梗塞です。


脳卒中(脳出血や脳梗塞)



脳の動脈が硬くなると、心筋梗塞と同じようなプロセスで脳梗塞が起こります。

また、硬くなった細い血管はもろくなり、そこに高い圧力がかかると脳の血管が破れて、出血が起こります。

これが脳出血です。

脳梗塞と脳出血など、脳の血管の障害が原因となって脳が正常に働かなくなるのを、脳卒中といいます。



虚血性心疾患と脳卒中、どちらも、一度に大きな発作が起こると、命にかかわったり、障害が残って不自由な生活を送るようになったりと、とても、おそろしい病気です。