内臓脂肪型肥満、高脂血症状(高コレステロール、高中性脂肪)⇒メタボリックシンドローム⇒動脈硬化⇒心筋梗塞、脳梗塞、狭心症など命にかかわる病気に! 自覚症状がほとんどないので、定期的な健康診断でのチェックが重要です。 メタボリックシンドローム対策⇒ダイエットが近道ですかね。しかし、無理なダイエットはかえって健康を害するので禁物!

メタボリックシンドロームとダイエット(産後も) > 高脂血症 > サイレント・キラー(沈黙の殺人者)

高脂血症

サイレント・キラー(沈黙の殺人者)

高脂血症は特に自覚症状もなく、高血圧と同様にサイレント・キラー(沈黙の殺人者)とも呼ばれている怖い病気です。



高脂血症とは、血液の中に溶けている脂質(血清脂質という)が異常に多い状態のこと。血清脂質にはコレステロール、中性脂肪(トリグリセライド)、リン脂質、遊離脂肪酸などがありますが、

特にコレステロールと中性脂肪(トリグリセライド)が増えた状態のことをいいます。



高脂血症は、特に自覚症状もなく、日常生活に不都合なこともないため見過ごされがちで

健康診断などの血液検査で発見されることが多いようです。



高脂血症についての感じ方は、糖尿病や高血圧症などの生活習慣病に比べ、怖い病気という感じ方を持つ人が少なく、わからないという人も多いということです。

 

しかし、高脂血症は自覚症がでた時には、すでに心臓や脳または下肢の動脈硬化が進み、

突然、脳梗塞のような脳動脈疾患や狭心症、心筋梗塞などの冠動脈疾患を引き起こすため、

高血圧と同様にサイレント・キラー(沈黙の殺人者)とも呼ばれている怖い病気です。