内臓脂肪型肥満、高脂血症状(高コレステロール、高中性脂肪)⇒メタボリックシンドローム⇒動脈硬化⇒心筋梗塞、脳梗塞、狭心症など命にかかわる病気に! 自覚症状がほとんどないので、定期的な健康診断でのチェックが重要です。 メタボリックシンドローム対策⇒ダイエットが近道ですかね。しかし、無理なダイエットはかえって健康を害するので禁物!

メタボリックシンドロームとダイエット(産後も) > コレステロールは必要なの!?

コレステロールは必要なの!?

コレステロールは、生きてくうえで必要なもの!?

コレステロールといえば、 「わるもの」 というイメージがありますが。。。

コレステロールは、脂質の一種で、中性脂肪やリン脂質の仲間です。
血液中だけではなく、脳や内臓、筋肉など人間の体全体にあり、
細胞膜を維持するという役割を持っています。
人の体は、細胞の集まりで出来ているので、とても重要な役割をはたしています。
そのほかにも、筋肉や性機能を高めるホルモンや、食物の消化・吸収を助ける胆汁の材料にもなっていて、コレステロールは、人間が生きていくうえでは、必要なものなのです。 コレステロールは、食品から摂取することもできますし、体の中でも肝臓などの臓器で合成することもできます。
また肝臓にはコレステロールを分解して体外に排泄するなど、量を調節する機能も備わっています。
しかし、生活習慣の乱れで体に変調をきたしたり、コレステロールを含む油分を摂り過ぎたりすると、肝臓の調節機能では処理しきれなくなり、コレステロールが体内にあふれてしまうことになりかねません。
そのために十分な注意が必要なのです。

コレステロールの「HDL」、「LDL」 って?

厳密に言うと、HDLもLDLもコレステロールそのものでは、ないんです。

コレステロールは、脂質の一種(油の一種)ですからそのままでは血液には溶けません。
そこで、リポタンパク質という運搬体に取り込まれ、血液中を運ばれるのです。
リポタンパク質というトラックにコレステロールが運ばれていると考えてみて下さい。
そのトラック(=リポタンパク質)の種類に、「HDL」、「LDL」があるわけです。

HDLに積まれたコレステロールは「HDLコレステロール」、

LDLに積まれたコレステロールは「LDLコレステロール」と呼ばれているのです。

HDL=善玉、LDL=悪玉と呼ばれるわけは?

HDLもLDLも、どちらもコレステロールを運ぶという大切な役割を担っています。



しかし、その運び方の違いから、一般にHDLは「善玉」、LDLは「悪玉」と呼ばれています。



◆HDLは、全身の細胞で余ったコレステロールを回収し、肝臓に運ぶ機能があります。

HDLは、余ったコレステロールを回収し、肝臓に戻して処理するため、動脈硬化のリスクを低減するとされています。

これが、HDL=善玉と呼ばれるわけです。



 ◆LDLは、コレステロールを各細胞に運ぶのみで、余分なコレステロールを回収する機能を持ちません。

LDLは体に必要なものですが、多くなり過ぎると余分なコレステロールが血管の内側にたまってしまい、動脈硬化の原因になるとされています。

これが、LDL=悪玉と呼ばれるわけです。